考え方

ハインリッヒの法則

工場や建設現場などに勤められた方は、

聞いたことがあるかもしれません。

ハインリッヒの法則と呼ばれる有名な経験則。

ハインリッヒの法則は、1:29:300の法則とも呼ばれています。

 

ハインリッヒの法則とは、

アメリカの損害保険会社にて技術・調査部の副部長を務めていた

ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ(Herbert William Heinrich)が、

1929年に発表したものになります。

 

内容としては、

「不注意によるヒヤリとしたミスの積み重ねが、

軽微な事故の原因となっており、軽微な事故の積み重ねが、

重大事故の原因になっている」というもの。

 

具体的には、

1件重大な事故・災害(=重傷者が出る程)が発生した場合、

29件軽微な事故・災害(=軽傷者が出る程)が既に発生しており、

300件ヒヤリ・ハット(=怪我人は出ないものの、ヒヤリとした出来事)

が既に発生している。

ということになります。

ハインリッヒの法則

ピラミッド状になっている労働災害の規則性は、

ハインリッヒ氏が約5,000件にも及ぶ労働災害の内容を

調査した結果、発見した法則になります。

 

ひとつの重大事故が起きる前には既に、

300件以上のヒヤリとしたり、ハッとしたりした

出来事があるということ。

歩きスマホでヒヤリハット 

あなたも『歩きスマホ』をしている人に

ヒヤリとさせられたことがあるかもしれません。

もしくは、あなたが、『歩きスマホ』をしていて、

ハッとしたかもしれません。

そういう出来事が300件以上もあるということ。

 

私も以前、工場に勤めていました。

工場に勤めていたときは、ビデオを見せられて、

このビデオのシチュエーションを見て、

ヒヤリと思うことを挙げなさいと教育を受けたり、

日常勤務で『ヒヤリとしたこと・ハッとしたこと』を

10個挙げなさいと宿題を出されたりしました。

 

このハインリッヒの法則は、何も工場ばかりの話ではありません。

社外秘の書類を無くした。

機密情報が漏れた。

顧客データの漏えい。

株価データの誤入力など。

普段、新聞やTVなどで見ていることも含まれてきます。

 

同様に、これを個人の問題に置き換えてください。

人前で緊張してあがったときに、

ヒヤリとしたことあるのではないでしょうか?

 

こうしたヒヤリとしたこと、ハッとしたことが、

あなたの夢が叶わないなどの重大事故に

つながっているかもしれませんよ。

 

人前で緊張してしまう方、あがり症の方、メンタルを鍛えたい方で、

『ちょっとしたコツ』を知りたい、

またはメンタルトレーニングをしたいと思ったら

お問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせコチラ

 

人前での緊張を改善する10日間無料メールマガジンも配信中。

登録コチラ

 

  • お気軽にお問い合わせ下さい 電話番号: 03-6891-0508 受付時間 9:00-20:00 今から使える緊急対策はこちらから
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ