今井ブログ

ファインプレーにならないファインプレー

野球の醍醐味の一つにファインプレーがある。

抜けたと思った打球が間一髪でアウトになる。

打った方はガッカリしますが、取った方は勢いに乗れます。

試合の流れが変わることもありますね。

ファインプレーを見ると驚かされるし、ワクワクしますね。

危険回避のファインプレー 

そんなファインプレーですが、

ファインプレーには、次の3つがあります。

➀文句なしのファインプレー

➁失策を隠したファインプレー

➂ファインプレーにならないファインプレー

 

➀は、素晴らしいが、他の二つを考えてみましょう。

「目測をミスらなければ処理できた」というのは➁の例。

初動ミスをカバーしたもので、見た目が派手なものになります。

これは、褒められる状態ではない。

 

野球で、名プレイヤーにファインプレーが少ないのは、

球の来そうなところを予測し、待ち構えているから。

これが➂の状態。

 

『孫子』に、

「善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり。

故に善く戦う者の勝つや、智名も無く、勇功も無し」とあります。

名将は、勝算を読み取り、勝つべくして勝つ。

智謀すぐれた名誉もなければ、武勇すぐれた手柄もない、ということ。

 

よい運転は、危険の中を上手くすり抜けることではありません。

事前に危険回避すること。

 

健康も同じ。

病気になったときの対処法よりも、

病気にならない日頃の運動や食事が大切になりますよね。

 

人前であがったり緊張したりするのも、

人前に立つ、その時になってから対応しようとしても、

体が反応しないものです。

 

ファインプレーで、

なんとなく、その場は上手くいくこともあるかもしれません。

でもそれだと、再現性がない状態。

 

目指すなら、再現できる状態。

難しいことを当たり前にできる状態。

ファインプレーにならないファインプレーを目指したいものです。

そのために必要なのは準備。

 

人前で緊張してしまう方、あがり症の方、メンタルを鍛えたい方で、

『準備』について知りたい、

またはメンタルトレーニングをしたいと思ったら

お問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせコチラ

 

人前での緊張を改善する10日間無料メールマガジンも配信中。

登録コチラ

 

  • お気軽にお問い合わせ下さい 電話番号: 03-6891-0508 受付時間 9:00-20:00 今から使える緊急対策はこちらから
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ