今井ブログ

過去の失敗を引きずらない

過去に人前に出て、緊張してあがって恥ずかしい思いをしたなど、

過去に手痛い失敗をした経験があると

『同じ失敗は、繰り返したくない』と思いますよね。

誰でも失敗は嫌なものです。

失敗して悔しくて落ち込む男性 

逆に勝ちすぎるのも問題です。

自分が勝てる範囲でしか動いていないことになります。

自分を磨くチャレンジができていないということ。

 

戦国武将の武田信玄も戦いに勝つとは、

『五分をもって上とし、七分をもって中とし、十分をもって下とす』

と語っています。

 

五分の勝ちは今後の励みになるが、

七分の勝ちは怠りを生じる。

十分の勝ちはおごりを生じて大敗を招く。

 

自分の勝てる範囲内でばかり戦っていると、感覚がマヒして、

変化に対応できなくなってしまいます。

適度な緊張やチャレンジも必要ということなのです。

 

失敗しているということは、チャレンジしている証拠。

一番最悪なのは、失敗を恐れて「勝負を避ける」こと。

本田宗一郎さんも次のように言っています。

 

『私がやった仕事で本当に成功したものは、

全体のわずか1%にすぎないということも言っておきたい。

99%は失敗の連続であった。そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である。

日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。

どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低なのである。

チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ。』

 

本田宗一郎さんでも、99%は失敗していたのです。

それなら一回の失敗であきらめるのは、早いですよね。

まだまだこれからです。

 

人前で緊張してしまう方、あがり症の方、メンタルを鍛えたい方で、

『失敗を引きずらないコツ』を知りたい、

またはメンタルトレーニングをしたいと思ったら

お問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせコチラ

 

人前での緊張を改善する10日間無料メールマガジンも配信中。

登録コチラ

 

  • お気軽にお問い合わせ下さい 電話番号: 03-6891-0508 受付時間 9:00-20:00 今から使える緊急対策はこちらから
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ