今井ブログ

ピークパフォーマンス(最高の行動)の感覚

仕事やプレゼンなどで、

高いパフォーマンスを発揮したいですよね。

でも、高いパフォーマンスを発揮するのも

なかなか難しいものです。

高いパフォーマンスを発揮

人前で話す時も、

高いパフォーマンスを発揮出来れば、

嬉しいですよね。

 

では、高いパフォーマンス状態や感覚って

どういうものなのでしょうか?

どういうものか知っているのと知らないのとでは、

そこに到達するためのアプローチも

違ってくるものです。

 

ピークパフォーマンスの状態って、

どういう状態や感覚なのか探っていきましょう!

 

アメリカの心理学者チャールズ・ガーフィールドが、

世界中の何百人というトップアスリートと、

そのトレーナーにインタビューして

『最高の瞬間とは、どういう感覚なのか?』

についてまとめたものがあります。

 

トップアスリートが

最高のパフォーマンスを発揮している時は、

感覚は常に肯定的で、

意識は今に集中しているそうです。

トップアスリートの高いパフォーマンス 

パフォーマンスが低下するに従い、

感覚は否定的になり、

意識も過去や未来に移行してしまう。

これは、あらゆるレベルの選手に共通の心理状態だそうだ。

 

チャールズ・ガーフィールドは、

ピークパフォーマンス特有の8つの感覚を示しています。

 

1、精神的にリラックスした感覚

2、身体的にリラックスした感覚

3、自信に満ちた楽観的な感覚

4、現在に集中している感覚

5、高度にエネルギーを放出する感覚

6、異常な程分っている感覚

7、コントロールしている感覚

8、繭(まゆ)の中にいる感覚

 

それぞれの詳細について話していきますね。

1、精神的にリラックスした感覚

もっとも多くの回答が得られた感覚。

精神的に冷静な状態。

なかには『時間がゆっくりと流れていくような気がする』

と答えている選手もいる。

 

2、身体的にリラックスした感覚

筋肉が緊張せず、リラックスした状態。

しなやか、かつ正確に動作が行える状態。

 

3、自信に満ちた楽観的な感覚

上手にやれるという自信に満ちた楽観的な状態。

この感覚が困難な状況でも成功に導く要因になる。

 

4、現在に集中している感覚

過去や未来について、一切の考えや感覚を持たない。

現在に集中している状態。

理論的、分析的な考えは浮かび上がらず、

全ての動作が努力することなく反応的にできる感覚。

 

5、高度にエネルギーを放出する感覚

喜び、興奮、絶頂感、激しさ、パワーが身体に満ち溢れている感覚。

 

6、異常な程分っている感覚

自分の身体と周囲の選手のことが手に取るように分っている感覚。

この感覚は現在に集中している感覚と密接に関連している。

 

7、コントロールしている感覚

潜在意識によってコントロールされ、全てが正しい動作をする。

結果も自分の意図した通りになるという明確な感覚。

 

8、繭(まゆ)の中にいる感覚

不安や恐怖から解放された心地良い感覚。

 

このような感覚を、あなたも何かで体験しているかもしれません。

ピークパフォーマンスを発揮するために

あなたはどんなアプローチをしますか?

 

人前で緊張してしまう方、あがり症の方、メンタルを鍛えたい方で、

『ちょっとしたコツ』を知りたい、

またはメンタルトレーニングをしたいと思ったら

お問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせコチラ

 

人前での緊張を改善する10日間無料メールマガジンも配信中。

登録コチラ

  • お気軽にお問い合わせ下さい 電話番号: 03-6891-0508 受付時間 9:00-20:00 今から使える緊急対策はこちらから
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ