今井ブログ

どうして注意力が散漫になるの?

昨日は、間違えて「しまった!」と思った時に、

緊張を和らげる手段として、

話している内容と違う事を考える方法をお話しました。

それは、注意が散漫になることを応用したものでした。

では、どうして注意力が散漫になるのでしょうか?

モニターを見つめる女性

ちょっと原始時代のことを考えてみてください。

人間が自然環境の中で生きていくためには、

常に周囲の状況に気を配り、

外敵に襲われないように身を守らなければいけません。

 

周りの状況を確認し、把握することは、

動物として、サバイバル上必要な備わったスキルなのです。

だから動物として当然の反応なのです。

閉じ込められたリス

不慣れな土地や場所だと、やたらと疲れることは無いでしょうか?

それだけ普段より周りに気を配っているのです。

つまり注意がいろんな所に向いているということなのです。

 

慣れた道だと考え事をしながら帰ることもあるのではないでしょうか?

その時は、いつの間にか家に着いていたこともあるかと思います。

考え事に集中できたからこそ、途中経過をあまり覚えていない。

 

見知らぬ土地だとそうはいきませんよね。

注意していないと、どこにいるかもわからなくなってしまいます。

慣れた場所は、安全な場所と注意しなければいけない場所がわかっている。

だから、注意しなければいけない場所だけ気を付ければいいということ。

全てに注意を払う必要がないのです。

だからいつの間にか着いていたということが起きるのです。

 

人前で緊張してしまう方、あがり症の方、メンタルを鍛えたい方で、

『ちょっとしたコツ』を知りたい、

またはメンタルトレーニングをしたいと思ったら

お問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせコチラ

 

人前での緊張を改善する10日間無料メールマガジンも配信中。

登録コチラ

  • お気軽にお問い合わせ下さい 電話番号: 03-6891-0508 受付時間 9:00-20:00 今から使える緊急対策はこちらから
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ