今井ブログ

『私は、~である』

『私は、人前で話すのが苦手である』

『私は、人見知りである』

『私は、優柔不断である』

『私は、自信がない』

『私は、勇気がない』

 

これらは、一例ですが、

普段、『私は、~である』という言葉を

何気なく使っているのではないでしょうか?

これらの言葉は、総括して使っている言葉。

目を指さす女性

どういうことかと言うと、

優柔不断を例に取ってみましょう。

優柔不断な事柄が、60%

即断即決な事柄が、40%

だとしても、割合が多い方に注目して、

『私は、優柔不断である』と判断してしまう。

 

極端に言うと、

優柔不断な事柄が、10%

即断即決な事柄が、90%

でも、重大な場面、大切な場面が10%に含まれていると、

その印象が記憶に残り、『私は、優柔不断である』と判断してしまう。

そして、断定的な言葉を使ってしまう。

 

TPOに応じ、その場面だけに当てはめて

『私は、~である』という言葉を使っているかもしれません。

状況によって確率は違うのに、

なぜか断定してしまう。100%で表現してしまう。

そう考えると怖いですね。

 

あなたは『私は、~である』と、認識を丸めて言葉を使っていませんか?

いろいろ振り返ってみると、違う場面もあったのではないでしょうか?

もし100%でなければ、認識が間違っているかもしれませんよ。

 

人前で緊張してしまう方、あがり症の方、メンタルを鍛えたい方で、

『ちょっとしたコツ』を知りたい、

またはメンタルトレーニングをしたいと思ったら

お問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせコチラ

 

人前での緊張を改善する10日間無料メールマガジンも配信中。

登録コチラ

  • お気軽にお問い合わせ下さい 電話番号: 03-6891-0508 受付時間 9:00-20:00 今から使える緊急対策はこちらから
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ