今井ブログ

経験値という観点

もしあなたが泳げないとします。

泳ぎ方を知らない状態で、海やプールに入れられるとします。

足が付かないくらい深い所だったら、

当然、溺れてしまいますよね。

プール

溺れてしまうと、嫌な記憶が残ります。

嫌な記憶が残ると次に泳ごうとは、なかなか思わないものです。

生死に係わると尚更ですね。

 

人前で話すのが苦手な場合、

泳げない人と同様の状態です。

圧倒的に人前で話す経験が少ない場合が多い。

人前で話す術を知らない状態で、人前に出される。

最初に失敗をしてしまうと、

嫌な記憶が残ってしまい、余計に嫌いになる。

 

普段、友人をしゃべっている感覚で人前に出ると、

自分が思っていた感覚の違いに戸惑う。

慣れない視線を浴びて、圧倒される。

私もそうでした。

プレゼン

もしかしたら人前に出る経験が少ないだけかもしれません。

スポーツとかの場合、経験が無いというのは分かりやすいものです。

しかし人前で話すというのは、

普段から行っている会話の延長線上にあることだと思うから、

かえって分かりづらいものになります。

 

実は、あなたが今まで経験していないことなのです。

会話の延長線上と考えていると

普段できていることができないと違和感を感じてしまいます。

だからもどかしく感じてしまいます。

 

人前で話すのはまったく別の経験と思う。

そして、単に経験値が足りないだけと思ったら、

あなたの気持ちにゆとりができませんか?

 

人前で緊張してしまう方、あがり症の方、メンタルを鍛えたい方で、

『ちょっとしたコツ』を知りたい、

またはメンタルトレーニングをしたいと思ったら

お問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせコチラ

 

人前での緊張を改善する10日間無料メールマガジンも配信中。

登録コチラ

  • お気軽にお問い合わせ下さい 電話番号: 03-6891-0508 受付時間 9:00-20:00 今から使える緊急対策はこちらから
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ