今井ブログ

アファーメーション(作り方)

『私にはできない』『私には無理』など、

あなたがネガティブな言葉を使っていたら、

その言葉を実現するように行動するので、

あなたが思った通りネガティブな結果になってしまう。

 

だから、私たちは使っている言葉や考え方を

ポジティブなものに変える必要がある。

そのための方法が、アファメーション

 ゆびきり 

アファーメーション(affirmation)とは、

肯定的な「自己宣言」のこと。

本日は、アファメーションの作り方について

お話していきます。

 

作り方のポイントは、3つです。

1、肯定的な言葉を使う

2、結果の表す言葉を使う

3、一人称で表す

 

1、肯定的な言葉を使うについて

「~だ」「~できる」などの肯定的な言葉を使う。

潜在意識というものは、否定語を認識できません。

 

例えば、「緊張しない」と言っても

「しない」の部分を認識されないのです。

やめたい「緊張」の言葉だけがイメージとして残り、

逆に、緊張を引き寄せる結果になってしまうのです。

 

2、結果の表す言葉を使うについて

あなたに目指す目標があるとします。

それを言葉にすると「~になる」「~になりたい」となります。

例えば、「堂々と話せるようになる」「堂々と話せるようになりたい」

でもこの言い方は、NGになります。

 

「~になる」「~になりたい」というのは、

「現状は~でない」という裏メッセージがあるのです。

 

既になった状態「~である」や

現在進行形「~しつつある」などの言葉を使う。

 

例えば、「堂々と話せるようになる」

「堂々と話せるようになる」など断定すると

嘘っぽくて違和感を感じる方もいらっしゃると思います。

 

そういう場合は、

現在進行形「毎日堂々と話せるようになりつつある」

の「~しつつある」の方を使ってみてください。

 

3、一人称で表すについて

一人称『私』を入れて表現する。

例えば、『堂々と話せるようになる』だけですと、

私なのか、他の人なのか曖昧になってしまいます。

 

なので、『私は、堂々と話せるようになる』と

『私は、』と一人称で表現するようにします。

 

この3つのポイントを踏まえて

具体例を作ると

『私は、人前で堂々と話せる』

『私は、人前で上手く表現できる』

『私は、相手に上手く伝えられる』など。

あなたも自分なりのアファメーションを作ってみてください。

 

人前で緊張してしまう方、あがり症の方、メンタルを鍛えたい方で、

『ちょっとしたコツ』を知りたい、

またはメンタルトレーニングをしたいと思ったら

お問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせコチラ

 

人前での緊張を改善する10日間無料メールマガジンも配信中。

登録コチラ

  • お気軽にお問い合わせ下さい 電話番号: 03-6891-0508 受付時間 9:00-20:00 今から使える緊急対策はこちらから
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ