今井ブログ

緊張しなければいい?ヤーキース・ドットソンの法則

人前で話す時に、緊張で頭が真っ白になったりしますね。

『緊張しなければ良いのに!』と思われるかもしれません。

でも、全く緊張しないというのも逆に良くないのです。

締切

ストレスやモチベーションといった刺激が適度にある場合、

学習やパフォーマンスは高くなるが、

刺激が適度なゾーンを外れて、

極端に低いまたは極端に高い場合には、

学習やパフォーマンスは低下する。

 

ということを、

心理学者のロバート・ヤーキースとJ・D・ドットソンは、

ねずみを用いた実験で、発見しました。

 

つまり、あなたが高いパフォーマンスを出したかったら、

ある適度のストレスやモチベーションが必要なのです。

この法則をヤーキース・ドットソンの法則と言います。

 

適度な刺激というのが、どれくらいなのかは、

難易度によって変わってきます。

低難易度場合、高い刺激を必要ですし、

高難易度場合、低い刺激、つまりリラックスした状態の方が良い。

 

例えば、

ルーティンワークなどのやり慣れている作業だと

モチベーションが低いと、次第にスピードが遅くなったりする。

でも、競争など罰則を設けてゲーム感覚にしたり、

期限を設けると集中力が増したり、スピードが早くなる。

仕事に追われるサラリーマン

逆に、高いストレスを感じる場合、

作業量に圧倒されたり、責任感に圧倒されると

作業スピードが低下して、思うように進まなくなる。

そして逃げ出したくなる。

 

つまり、作業の難易度に応じた、

ストレスコントロール、モチベーションコントロールが必要なのです。

あなたなら、どうコントロールしますか?

 

人前で緊張して、あがってしまう方で、

『ストレス・モチベーション』をコントロールしたいと思ったら

お問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせコチラ

 

人前での緊張を改善する10日間無料メールマガジンも配信中。

登録コチラ

  • お気軽にお問い合わせ下さい 電話番号: 03-6891-0508 受付時間 9:00-20:00 今から使える緊急対策はこちらから
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ