今井ブログ

セカンド・ウィンド

明日11月13日は、福岡マラソンです。

今日は、マラソンに関連したお話。

ジョギングを楽しんでいる方なら、

セカンドウィンド」という言葉をご存じかもしれません。
 
ランニング
 
マラソンなどで長距離を走る時に、

走り始めてしばらく経つと呼吸が苦しくなり、

足が重くなって走るのが辛くなることがあります。

 

これは一時的な酸素不足が原因。

長距離走に体が慣れるまでには、一定の時間がかかります。

循環器や呼吸器等の心肺機能が

長距離走に順応出来るようになるまでは苦しい状態が続きます。

 

この状態を「デッド・ゾーン」または「デッド・ポイント」と呼びます。

このデッド・ゾーンでスピードを落としてしまうと、

苦しい状態がずっと続きます。

初心者はそうと知らずスピードを落としてしまうので、

マラソンに対しての苦しいイメージをいつまでも持ち続けてしまう。

 

しかし、デッド・ゾーンでスピードを落とさず、

これを乗り越えれば一転、身体が軽くとても楽になります。

この体が楽になった状態を「セカンド・ウィンド」と呼びます。

 

身体が順応すると、心も楽になる。

だから長く続けられるのです。

個人差や程度の差はあっても、走ることをやめなければ、

誰にでも「セカンド・ウィンド」は訪れる。

 

これは、ビジネスや生活でも同じですね。

やり始めて、途中であきらめてしまうのは、

セカンド・ウィンド」の状態になる前にやめてしまったのと一緒。

もうひと踏ん張りで、違う明日が待っていたのかもしれません。

 

途中で苦しくなって、スピードを緩めたり、やめてしまうから

苦しい辛いイメージが残ってしまう。

『自分には向いていない』『自分には能力がない』と思ってしまう。

 

新しいことのやり始めは、まだ身体が慣れていない状態と同じです。

慣れるまでは、違和感を感じて、苦しく感じることもあります。

そういうものだと思って、やり続ける。走り続ける。

一歩先へ

辛いと思っても、

『もう少しだけ』『もう5分だけ』と思って頑張ってみる。

諦めないことで、楽に感じる瞬間に出会える。

 

人前で緊張して、あがってしまう方で、

あなたの『セカンド・ウィンド:楽になる瞬間』を手に入れたいと思ったら

お問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせコチラ

 

人前での緊張を改善する10日間無料メールマガジンも配信中。

登録コチラ

  • お気軽にお問い合わせ下さい 電話番号: 03-6891-0508 受付時間 9:00-20:00 今から使える緊急対策はこちらから
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ